売上のためのシステム導入

システム

よく似た売上管理の仕組み

企業で導入すべきシステムの中で、よく似たものとしてCRMとSFAがあります。そのため、ここではその違いについて触れていきます。まず最初に、CRMは顧客の管理に注目したシステムです。かわって、SFAは営業活動の支援のために存在するシステムとなります。このように、両方とも売上計画の推進のためのシステムではありますが、着目している視点の違いにより、できることも違ってきています。そして同時に、サポートしている機能も違ってくるのです。CRMでカバーできる機能としては、顧客の管理はもちろんのこと、顧客ごとにDMを発行できたり、販売履歴を管理して分析できたりするところになります。また、顧客ごとにセミナーの案内を発行できたり、アンケートを取ってその結果をまとめてから分析して、次の販売計画を立てることも可能でしょう。これに対して、SFAは顧客の管理は同じようにできますが、各営業担当の営業活動の可視化や、見込数字の管理などができるようになります。また、SFAは見積書の発行ができたり、在庫管理とも連携して納期情報を提供したりすることもできますので、より営業活動に注目したものとなります。2つのシステムにはこのような違いがありますので、導入する際にはどのプロセスを重要に考えるかを決めてから、業者に相談することが良い方法になります。もちろん最近では、CRMとSFAの両方の機能を搭載したシステムも存在していますので、場合によってはそちらを導入しても良いのです。