顧客に合わせた接客

IT

WEBショッピングのサイトを運用する場合、一般的にはサイトへのアクセス数を増やす対策が取られる。しかし、WEBサイトへ訪問しても、そのまま購入行動に結びつかなければ、売り上げを伸ばすという点においては不十分なものとなる。これらのことから、最近ではサイトへのアクセス数の向上と合わせウェブ接客の重要性が高まっており、ウェブ接客ツールの導入を行う業者が増えてきている。ウェブ接客ツールでは、その機能によりいくつかの種類に分かれる。最も簡易的なシステムでは、ショッピングサイトへのアクセス時に顧客に合わせたメッセージなどを表示するというツールがある。これらのメッセージでは、売り出し中の商品や目玉商品などその時の状況に合わせ、登録しておいた情報をメッセージ表示するというものになる。高度なウェブ接客ツールでは、チャット機能を有したツールがある。一般のお店では不明なことがある場合には店員に問い合わせが行われる。これと同様に、ショッピングサイト上にチャット窓口を設定しておき、チャットで問い合わせができるとしたツールである。この場合、きめ細かな対応ができるため、より接客に近いものとなる。その他、ユーザの利用動向や興味のあるものを自動で判断し、それに対応する商品などを優先的に表示し購入を進めるものなども出ている。ツールにより機能が様々となっており、導入コストなども異なってくるため、必要性を検討した上での導入が必要になる。